広告・マーケティング業界への転職なら
トランク株式会社

転職お役立ち情報

TOP > 転職お役立ち情報 > キャリアビジョンを持つこと

キャリアビジョンを持つこと

ご相談いただく方に私が常にお聞きしているのが、この「キャリアビジョン」です。要するに、最低5年くらい、できれば10年先を見据えて、どういったキャリアを積んでいきたいか、10年後にどんなポジションでいたいか、という事ですね。

転職において、このキャリアビジョンを持っているかどうか、は、転職を成功させられるかどうかに大きく関わるものだったりします。なぜかというと、キャリアビジョンがある、という事は、なりたい自分がわかっているという事、逆にいえば、なりたい自分になるために、今、何が欠けているのか、がわかっている、という事になりますよね。それがわかっていれば、転職は実にシンプルなものになります。なりたい自分になるために、どういった経験が必要か、その経験を得られるのはどんな会社か、いつ頃その経験を積むべきか、が明確である、という事になるからです。そうなると、どのタイミングで、どんな会社に行くべきなのか、自ずと答えは出てきますよね。

私が知る限り、キャリアビジョンが明確な人は、やはり良い転職をされているように思います。転職をする目的や意味がその方の中で明確なので、たとえその会社で些細な問題、たとえばちょっとした人間関係とか、があったとしても、自分が転職した目的に対して大きな問題にはならないので、ぶれることがないわけです。逆に、ビジョンなく転職してしまった人は、そういった些末な問題こそが気になってしまい、またそれを理由に転職を繰り返したりしてしまう事が多いように思います。

転職の為だけではなく、人生を豊かにするためにも、ぜひ一度じっくりと自分のキャリアビジョンに関して考えてみてはいかがかと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加